子どもの歯を守りたい~小児歯科・マタニティ歯科~

  • ホーム > 
  • 子どもの歯を守りたい~小児歯科・マタニティ歯科~

お子さまの歯を守るのは親の役目です

お子さまの歯を守るのは親の役目です

いつか生えかわる乳歯でも、むし歯になったまま放置すると、ミュータンス菌が口の中に増えて、永久歯になった時に、むし歯になりやすくなります。また、溶けたり欠けたりすることで、咀嚼(そしゃく)や発音に影響を及ぼすことや、永久歯の歯並びが悪くなることもあります。自分では管理できない子どもたちの歯を守るのは、大切な親の役目です。東急東横線「元住吉駅」徒歩3分の歯医者「オズ通り歯科医院」では、保護者の皆様の理解を促すとともに、歯医者が楽しい場所になるよう工夫しています。

健康な歯は、親から子へのプレゼント

健康な歯は、親から子へのプレゼント

乳歯はそのうち生えかわるからと、お子さまの歯のケアをないがしろにしていませんか? 乳歯のむし歯は、永久歯の歯並びに悪影響をもたらしたり、正しい言葉の発音に支障をきたしたりすることがあります。

親は未来を担う子どもたちの歯を守る責任があります。お子さまの健やかな成長のためにも、口腔内環境を健全に保つのは重要なことです。定期検診を受け、しっかりと予防をしましょう。

むし歯はうつるってご存知ですか?

むし歯はうつるってご存知ですか?

大人の唾液中には、むし歯の原因菌であるミュータンス菌が存在します。胎児や生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内にミュータンス菌は存在しませんが、唾液を介して子どもの口にミュータンス菌がうつり、むし歯ができやすい状態になります。

むし歯菌の感染を防ぐために

大人が咬んだり、口に入れたりしたものを子どもに食べさせることや、スプーンやストローなどの食器類を共有することは控えましょう。子どもへのミュータンス菌の移行でもっとも多いのは、お世話をする機会の多い母親から。歯みがきなどを徹底し、ご家族全員の口の中のミュータンス菌を減らすよう気をつけることも移行の防止に役立ちます。

むし歯になってしまったら

むし歯は、できるだけ早く治療しましょう。状態や年齢などによって適切な治療法は異なりますので、当院で診断を受けてください。放置すると、永久歯もむし歯になりやすくなる、永久歯の歯並びが悪くなる、咀嚼機能や顎の発育が低下するといったことにつながりかねません。また、これ以上むし歯ができないよう努めることも必要です。

オズ通りクリニックの小児歯科への取り組み

たくさんの機械に囲まれた椅子に座らされ、マスクで顔半分を隠した見知らぬ大人が、見慣れない器具を持って迫ってくる。そんなただならぬ雰囲気に、小さなお子さまの心に不安や恐怖心が芽生えるのも無理はありません。しかし、それは歯科医師にとって、非常に残念なこと。歯科医院が、怖い場所ではなく、“いつ来ても楽しい場所”にするための当院の取り組みをご紹介します。

スタッフは全員子ども好き

スタッフは全員子ども好き

歯科医院が、いつでも楽しく、安心できる場所であるよう、保育士の資格を持った子ども好きなスタッフが待機しています。子育て中の院長をはじめ、スタッフ一同、お子さまの気持ちを第一に考えて接することを心がけています。

慣れるまでゆっくりトレーニング

おもちゃで遊んだり、院長やスタッフと言葉を交わしたりして、少しずつ歯科医院の雰囲気に慣れていくのが一番です。むし歯がない時期から、遊びに来るような感覚でいらしてください。治療は、それぞれのお子さまの様子をみて、気持ちを尊重しながら行います。

キッズスペース完備

キッズスペース完備

歯科医院の雰囲気に慣れていただけるよう、おもちゃや絵本などを備え、子どもたちが安心するような明るく楽しいスペースをご用意しています。

親子いっしょで安心

お子さまにも安心して治療を受けていただけるよう、保護者同席で治療や予防ケアを行います。また、保護者の皆様に、お子さまのお口の状態や治療を知っていただくことで、家庭でのケアの参考にもなります。

当院の小児歯科処置方法

当院では、お子さまのお口の健やかな成長を願い、さまざまな処置や取り組みを行っています。

歯みがき指導

歯みがき指導

むし歯になりにくい状態を保てるよう、歯科衛生士による、正しい歯みがきの仕方を指導しています。保護者の方へは、仕上げ磨きのコツをお伝えします。

シーラント

シーラント

溝が深く複雑で、磨き残しなどが起こりやすい奥歯にフッ素入りの詰め物をして、むし歯を予防する方法です。乳歯や生え始めの永久歯に有効です。

フッ素塗布(無料)

フッ素塗布(無料)

フッ素を塗布することで歯を強化し、むし歯になりにくくする効果が期待できます。また、フッ素には再石灰化を促す働きがあり、ごく初期のむし歯を治すことも可能です。乳歯や生えたての永久歯にとくに有効です。

食育

食育

よく咬むことは顎の発育を促し、きれいな歯並びや体の健康につながります。咬むことの大切さや、一生、自分の歯で快適においしく食事をして健康維持につなげる意義を、わかりやすくお伝えしていきます。

歯並び・咬み合わせ指導

歯並び・咬み合わせ指導

歯並びや咬み合わせの問題は、遺伝的な要素もありますが、後天的な要素、姿勢やクセ、食生活など、日々の生活習慣との関わりも大きいのです。歯の生え方や顎の発育に影響を及ぼす要素を踏まえ、診査や指導を行います。

妊娠中の歯科治療について~マタニティ歯科~

妊娠中の歯科治療について~マタニティ歯科~

体だけでなく、お口のトラブルも起こりやすくなる妊娠中に、安心して適切な処置をお受けいただけるよう、医院の環境を整えています。産後も母子ともに元気で暮らせるよう、歯科の立場からできることをお手伝いします。

妊娠中はお口のトラブルに要注意!

妊娠中は、エストロゲンという女性ホルモンが増加したり、つわりで食生活や歯みがき習慣が変わったりすることが多く、むし歯や歯周病になりやすい口内環境になります。妊娠性歯周炎にかかると、早産や低体重児出産などのリスクが高くなりますので、しっかりと予防・治療をしていくことが大切です。

歯科治療に最適なタイミング

安定期と言われる、妊娠5~8ヶ月の間に歯科にかかるのが最適です。

初期(1~4ヶ月) 妊娠初期は緊張やストレスから切迫流産の恐れもあるので、応急処置にとどめましょう。
安定期(5~8ヶ月) 妊娠中に歯科にかかるならこの時期が最適です。
後期(9ヶ月~臨月) いつ陣痛が来てもおかしくないという時期ですので、緊急時を除いては、出産後に治療を行いましょう。
生まれてくる赤ちゃんのために

大人の唾液からむし歯菌の感染が起こると、お子さまもむし歯になりやすくなります。出産を控えている方は、できるだけ産前に治療を済ませておくとよいでしょう。産後は、予防歯科で継続的にケアするのが理想です。

診療予約随時受付