歯が痛む・ズキズキする~一般歯科~

  • ホーム > 
  • 歯が痛む・ズキズキする~一般歯科~

痛みを感じたら、すぐ対処!

痛みを感じたら、すぐ対処!

ご自身の歯で、一生、おいしく食事をしていただくために、皆様の歯を大切に治療させていただきます。元住吉にあるオズ通り歯科医院では、削る歯を最小限に抑えて修復するMI治療に積極的に取り組んでいます。より多くの歯を残せるよう、歯が痛い・ズキズキするなどの場合はすぐに治療に来ていだたくことはもちろんですが、より早期に発見できる定期検診の受診も、ぜひご検討ください。

できるだけ削らない治療を

できるだけ削らない治療を

一度、削ったり抜いたりしてしまった歯は、二度と再生しません。いまある歯をできるだけ多く残すためには、最小限の治療を施すMI(Minimal Intervention=ミニマル・インターベンション)の考えに基づいて行うことが重要です。オズ通り歯科医院では、う蝕(むし歯)検知液やダイアグノデントの導入により、精度の高いMI治療を行っています。

う蝕検知液

むし歯を検知するための薬液。むし歯菌に感染している部分を赤に染めるので、適切に削るための判断材料となります。

ダイアグノデント

ダイアグノデント

レーザーを用いたむし歯診断装置。むし歯に冒された歯に光を当てることで、むし歯の進行状況を数値で診断します。肉眼などでは見つけにくい初期むし歯の発見などに役立ちます。初期むし歯は進行しないよう予防処置を行いながら定期検診で確認を行います。

むし歯の進行と治療法

むし歯の進行レベルは、C0~C4の5段階に分けられ、症状に応じた治療が行われます。

C0 むし歯予備軍 C0 むし歯予備軍
  • 症状

歯の表面のエナメル質が少し溶け出して透明感を失っている状態。痛みは感じず、黒くなったり、穴が開いたりもしていません。放っておくとむし歯に移行することも。

  • 治療法

適切なブラッシングやフッ素塗布で再石灰化を促し、自然に元の健康な状態に戻すことも可能です

C1 むし歯の初期段階 C1 むし歯の初期段階
  • 症状

歯の表面のエナメル質がさらに溶け、浅い穴や、わずかに黒や茶褐色に変色した部分がみられる場合があります。痛みを感じることはないため、自分では気づきにくいですが、早めに処置すれば治療も簡単に済みます。

  • 治療法

むし歯の部分を取り除き、レジンなどの詰め物をします。治療の際も痛みは感じません。

C2 むし歯の中期段階 C2 むし歯の中期段階
  • 症状

むし歯がエナメル質を溶かし、その奥の象牙質に達した段階。穴が開いて、むし歯部分が黒っぽくなります。象牙質には神経と通じる細い管が通っているため、冷たい物や甘い物によって痛んだり、しみたりするようになります。

  • 治療法

むし歯の部分を取り除き、レジンなどの詰め物や被せ物をします。治療には痛みを感じることも多く、その場合は麻酔を使用します。

C3 むし歯の後期段階 C3 むし歯の後期段階
  • 症状
C3 pul(歯髄炎)

むし歯が神経にまで達した段階。歯に大きな穴が開き、冷たい物、熱い物、甘い物が沁みるほか、何もしなくても、ズキズキとした痛みを感じるようになります。

C3 per(根尖性歯周組織炎)

「こんせんせいししゅうそしきえん」と読み、またの名を歯根膜炎と言います。重度の虫歯や咬み合わせの悪さなどが主な原因です。歯の根っこに膿が溜まり腫れはじめ、歯が浮いた感じになったり、ものを咬むと激しく痛んだりします。進行するとなにもしなくてもズキズキと痛み、だんだんと強くなっていきます。顔が腫れたり熱が出たりすることもあります。

  • 治療法

神経を取り除く根管治療を行います。その後、土台をつけ、被せ物をして補修します。

C4 むし歯の末期段階 C4 むし歯の末期段階
  • 症状

歯のほとんどの部分が溶けてなくなった段階。神経が死んでしまっているため、歯は痛みを感じなくなりますが、歯根に膿がたまって痛む・悪臭が出る、歯茎や頬が腫れる、熱を出す、咬合痛などの症状に発展します。

  • 治療法

抜歯を行い、インプラントや入れ歯などを使った補綴治療を行います。欠損を放置しておくと、歯並びや噛み合わせが悪くなるなど、やがて口全体、体全体へと症状が広がっていくことがあります。

メタルフリー治療を推奨しています

メタルフリー治療を推奨しています

耐久性にすぐれ、保険適用となる銀歯には、金銀パラジウム合金やアマルガムなどがあり、歯科治療における代表的な金属です。そのほか、金や白金などもありますが、これらは保険適用外となります。

これまでは、こうした金属素材を使った治療を行うのが最も一般的でしたが、近年、金属を使用しないメタルフリー治療が注目されています。

オズ通り歯科医院でも、金属アレルギーを引き起こす原因になりうることや、見た目が悪いといった審美的な理由から、メタルフリー治療を推奨しています。

初期のむし歯は削らずに対処

初期のむし歯は削らずに対処

皆様の大切な歯を、できるだけ削らずに残すことをモットーに、初期段階のむし歯の場合は削らずに、進行しないように指導を行います。必要と判断した場合でも、MIの考えに基づく最小限の切削とメタルフリーを心がけ、治療にあたっています。

できるだけ早期に発見することが、より多く歯を残すことにつながるので、定期的に検診を受けていただくことをおすすめしています。オズ通り歯科医院では唾液検査の導入によって、むし歯や歯周病リスクを把握し、一人ひとりの状態に合った予防方法のご提案を行っています。

唾液検査

口の中の状態や、むし歯になりやすさは人それぞれです。唾液検査は、むし歯や歯周病に対するリスク、歯を守る力などを測定できるため、むし歯予防に役立ちます。

重度のむし歯は根管治療で対処

重度のむし歯は根管治療で対処

歯の中にある神経と血管などの歯髄が通る管の部分を「根管」と呼び、この部分の治療を根管治療、歯内治療と言います。直径1mm以下で複雑な形状をした管の中から痛んだ歯髄を除去して細菌を取り除いていく、高度で時間のかかる治療となります。

根管治療が必要なケース

根管治療が必要なケース

むし歯が進行して歯髄にまで達した時(C3レベル)や、歯の根に炎症が起こって痛みや腫れを感じるようになった時は、根管治療が必要となります。

根管治療の流れ

【1】歯髄の除去
【1】歯髄の除去 詰め物や被せ物を取り外し、複雑で細かい形態をした根管から、専用の器具で歯髄を抜き取ります。マイクロスコープを使って細かい治療も正確に行っていきます。
【2】清掃・洗浄・殺菌
【2】清掃・洗浄・殺菌 過去の治療で充填した薬剤や感染している歯質などを取り除き、洗浄、殺菌を行って無菌状態にしていきます。
【3】根管充填
【3】根管充填 根管の中に隙間なく薬剤を流し込み、密封状態にします。
【4】被せ
【4】被せ 土台を作って型取りをし、その上に被せ物を装着します。

制度の高い治療を実現する専用機材

マイクロスコープ

マイクロスコープ

肉眼は確認できないような細かい部分を、20倍程度にまで拡大することができます。経験や勘だけに頼らない、精度の高い治療を行うために不可欠なものです。

拡大鏡

拡大鏡

メガネのように装着して、患部を拡大しながら治療ができます。作業効率や精度も上がります。

NiTiファイル

NiTiファイルNiTiファイル

ニッケルチタンファイル。根管内を清掃拡大することができ、汚染された組織を取り除くために使用します。しなやかな特性をもつため、湾曲した部分の治療もスムーズで、なおかつスピーディーで正確に治療が行えます。

ウルトラフィル

ウルトラフィル

根管内に薬剤を充填する際、緊密な状態で充填するのに役立つ機器です。根の先が湾曲しているなど、処置の難しいケースでも対応しやすくなっています。

音波振動装置

音波振動装置

根管内の清掃をする際に使います。音波振動付きの針により、確実に汚れを除去することができます。

MTAセメント

根管治療で根管の充填剤として使います。殺菌作用も強く、神経を守りながら穴が開いた部分や削った部分を補修してくれます。

できるだけ痛みのない治療を

当院ではできるだけ痛みの少ない治療を心がけ、患者さんのストレスを軽減する取り組みを行っております。できるだけ削らない治療を始め、麻酔時の痛みを軽減させるための努力をしています。
歯医者や歯科治療が苦手な方にも安心してご来院いただけるように、従来の歯科治療の常識を変える「痛くない歯科治療」をお望みの方は、一度当院までご相談下さい。

麻酔をする前に「表面麻酔」
麻酔をする前に「表面麻酔」 麻酔注射時の患部表面の麻痺させ、麻酔薬注入時の痛みを和らげるための麻酔です。口腔内の粘膜の末梢知覚神経を麻痺させます。
麻酔薬注入時の痛みを抑える「カートリッジウォーマー」
麻酔薬注入時の痛みを抑える「カートリッジウォーマー」 麻酔液を温めることで、注入時の痛みを抑えるカートリッジウォーマー。特に体温程度(約37℃)に麻酔液の温度を調整すると、もっとも痛みが和らぐと言われています。
刺した時の痛みを軽減「33Gの極細針」
刺した時の痛みを軽減「33Gの極細針」 先端が0.2mm(33ゲージ)という極細の注射針(歯科で使用可能な最も細い針)を使用することで注射時の痛みを大きく抑えることが期待できます。
注入時の速度を一定に保つ「電動麻酔器」
注入時の速度を一定に保つ「電動麻酔器」 コンピュータ制御によって麻酔注射時の注入速度を一定に保つことができる麻酔器。注入時の圧力が一定になることで痛みを最小限に抑えることができます。

診療予約随時受付