歯を失ってしまった~インプラント・入れ歯・ブリッジ~

  • ホーム > 
  • インプラント・入れ歯・ブリッジ

歯を失っても放置しないで

歯を失っても放置しないで

むし歯や歯周病の進行、ケガなどによって、歯を失ってしまうことがあります。歯がない状態は、見た目がよくないだけでなく、口腔内のバランスを崩し、ひいては体の健康を損なうことになりかねません。できるだけ早い段階で治療を行うことをおすすめします。東急東横線「元住吉駅」徒歩3分の歯医者「オズ通り歯科医院」では、インプラント治療や入れ歯治療・ブリッジ に対応しています。ご検討されている方は、お気軽にご相談ください。

歯を失ってしまっても放置しないでください

歯を失ってしまっても放置しないでください

たとえ1本でも歯を失ってしまうと、欠損部分に健康な歯が移動してきたり、倒れこんできたり、咬み合わせていた歯が伸びたりして、全体のバランスが崩れ、歯並びや咬み合わせが悪くなるといった事態に進行します。さらには、それが咀嚼(そしゃく)能力や発音能力の低下を招き、体の健康にも影響を及ぼします。歯を失っても決して放置せず、早期に治療を進めましょう。

歯を失ってしまった際の選択肢

歯を失ってしまった場合の選択肢としておすすめなのは、インプラント、入れ歯、ブリッジです。それぞれ特徴が異なりますので、ご自身の歯の状態や年齢、予算などに合わせて選択できるよう、説明・アドバイスを行っています。

自分の歯のように咬めるインプラント

自分の歯のように咬めるインプラント

インプラントは、審美性はもちろんのこと、機能性においても、たくさんのメリットを兼ね備えています。歯茎にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療法で、天然歯と同じように生活を送ることができます。

インプラントのメリット

失った歯の代わりとなるインプラントには、多くのメリットがあります。

自然な咬み心地

装着に違和感がなく、まるで本物の自分の歯のような咬み心地が得られます。その結果、よく咬んで食べることにつながり、咬む刺激を受けた顎の骨は吸収が起こらず、顎が痩せてしまうこともありません。

健康な天然歯を守る

周囲の健康な歯を削ったりする心配がありません。また、周囲の歯に装置をかける必要がないため、健康な歯の寿命を縮めることがありません。

1本から治療可能

周囲の歯を支えにしたり、削ったりする必要がないので、失った部分のみの治療で対応することができます。

審美性に優れる

人工歯には、通常セラミック素材のものが使われるため、本物の歯と変わらない見た目を実現し、人とのコミュニケーションにも自信が持てるようになります。

お手入れが楽

日常的な手入れは、歯磨きのみなので、天然歯と変わりません。人工歯なのでむし歯になることもありません。ただし、プラークがたまると、インプラント歯周炎という、歯周病と同様の病気に発展してしまうため、歯科医院での定期的なチェックとメンテナンスが必要です。

当院で取り扱っている入れ歯

当院で取り扱っている入れ歯

失った歯を補うには、インプラント以外にも入れ歯という方法があります。自分で簡単に取り外しができるのが特徴です。歯科治療でも長い歴史があり、保険適用のものがあるため、一般に広く普及しています。

レジン床義歯 保険診療
レジン床義歯 床の部分が、レジンと呼ばれる歯科用のプラスチックでできています。この素材の入れ歯は保険適用になるため、比較的安価で治療を行えます。製作や修理・調整などが手軽な反面、壊れやすい、装着感がよくない、汚れが付着しやすいといった面もあります。
金属床義歯 自費診療
金属床義歯 床の部分が、ゴールド、チタン、コバルトクロムなど、歯科用の金属でできています。細かい調整ができる上、強度があって割れたり変形したりしにくいことから、床を軽く薄く作れ、装着時の違和感も少ないものになります。汚れも付きにくいので、お手入れしやすく、口臭などの心配も減ります。
ノンクラスプデンチャー 自費診療
ノンクラスプデンチャー バネ(クラスプ)を使わず、歯肉に近い色をした樹脂の義床で義歯を支えます。バネがないため、他の歯に負担をかけることなく装着できます。また軽くて薄いので装着感もよく、透明感があるため、審美性にも優れています。弾性が高いので割れにくいですが、経年劣化で、変形や変色しやすいという面もあります。

ブリッジという方法もあります

ブリッジという方法もあります

失ってしまった歯の機能を取り戻すには、ブリッジという方法もあります。ブリッジは、抜けた歯の両側の歯を削り、歯が連なった被せ物をかけわたして固定する治療です。装着に違和感が少なく、治療も短期間で終わるのがメリットです。ただし、健康な歯を削らなければならないという注意点もあります。

ブリッジのメリット・注意点
メリット 注意点
  • 装着しても見た目が自然なので、気づかれにくい
  • 短期間で治療が終了する
  • 治療費は比較的安価である
  • ブリッジを装着するために、支えとなる隣の健康な歯を削らなければならない
  • ブリッジを支える歯に大きな負担がかかり、歯の寿命を短くしてしまう可能性がある

診療予約随時受付